Home » ワードプレス » ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単!

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

サーバーの引っ越しは失敗すると全てを失うので慎重に

サーバーを引っ越ししたくなるときは色々とあると思います。サーバーの性能がもっといいところに移りたい、サーバーの自由度がないから、もっと制限の緩いところに移りたい、サーバーの金額が安いところを見つけたので移りたい、等々。

そこで必要になるのが、ワードプレスの移行です。ここで注意しなければいけないのは、

ワードプレスのサイトはデータを移動させただけでは動きません

ということです。ワードプレスの設定をサーバーに登録して、データベースと連動しなければならないので、手順を守ったデータの移行を行わなければなりません。

そこで利用するのが、ワードプレスにデフォルトで付いている、インポート・エクスポート機能なのですが、これは、投稿の文字データのみを抜き取るもので、画像やプラグイン、CSS,テーマの設定データなどは、また別で移動させなければなりません。

ちょっと面倒すぎますよね?

でも、プラグインを利用すれば、この面倒な手順が非常に簡単になります。

プラグインDuplicatorを使えば安心で便利

サーバーの引っ越しを行うには、Duplicatorというプラグインを利用すれば、細かい設定などがわからなくても、数クリックで簡単に、しかも安全に引っ越しができてしまします。

しかも、無料です。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 1

1,まずはサイトをまるごとデータ化(パッケージ化)

まずは、サイトを一つの圧縮データにまとめてしまいます。

ここに、サイトに使用された画像や、ページ、投稿の文字情報、CSSなど、全てのあらゆるデータがまとめられ、圧縮されて、一つのファイルのデータとなります。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 1

赤い矢印のところをクリックすると、これから作成するパッケージに付いての設定画面が現れます。

2,パッケージ名をつけて、スキャンをする

圧縮するデータに名前をつけるのですが、これは、日本語には対応していないため、英数字を使った名前をつけましょう。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 2

3,スキャン後に問題がなければbuildをクリック

スキャンをしたときに、サイズとか、サーバーの速度などに赤文字で警告が出ることがありますが、とりあえず、無視してbuildを押して、パッケージ作成にトライしてみましょう。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 3

こうなったら、パッケージ化が失敗していますので、Try againをクリックして、再びパッケージ化してください。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 5

何度やってもエラーに成ってしまう場合は、サイトの置かれているサーバー内のデータをチェックし、不必要な大きなデータが有るようだったら、削除して、サイト全体のデータサイズを小さくします。

4,buildが無事におわったら、データをPCにダウンロード

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 4

2つの赤丸の部分をそれぞれクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードするのは次の2つのデータ

  1. installer.php
  2. xxxxxx.crdownload (xxxxxは貴方がつけたファイル名)

2つのデータをダウンロードしましょう。

これで、サイトのデータを丸ごとバックアップできました。

今度は、移行先のサーバーにデータをインポートする準備をします。

バックアップデータを新サーバーにインポート

1,データベースを用意する。

まずはワードプレスをインストールした時と同じようにMSQLのデータベースを準備します。

データベースを作成したら、ユーザー名とパスワードをメモしておきます。

2,サーバーにデータをアップロード

今度は、先に作成したばっくアップデータを移行先のサーバーにアップロードします。

アップロード先は、次の通り

あなたのドメインが test.com だとすれば、

http://test.com/ にアップロードします。

アップロードするものは2つ。バックアップデータとインストールファイルです。

  1. installer.php
  2. xxxxxx.crdownload (xxxxxxは貴方がつけたファイル名)

アップロードが終わったら次に、インストールファイルにアクセスします。

http://test.com/installer.php とアドレスバーに入力すると、バックアップデータを展開するための設定画面が出てきます。

そこに、先ほど作成したデータベースの情報を入力します。

 

1,赤い四角の枠の中に、先ほどデータベース作成時にメモをしたデータベース名、テーブル名、パスワード を記入します。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 6

 

記入がおわったら、test connection をクリックします。

すると、データベースと通信できるかどうかのテストを行います。

テストが成功したら、いよいよサーバーのデータを展開します。

2,赤丸の中にチェックを入れて、Run Deployment をクリック

Sponsered link

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 7

全て完了したら、スタートを押します。

これで、成功すれば、無事、サーバーの移転が完了しました。

おわったら、忘れずにバックアップデータを削除しましょう。

バックアップデータの削除は、Duplicator の設定画面からできます。

最後の仕上げは設定アドレスの変更

最後に忘れてはならないのが、ワードプレスに設定されているアドレスの変更です。

現在は、今までのサイトのまるごとバックアップデータなので、

移行する前のサイトアドレスが設定されてしまっています。

移行後の新しいサイトアドレスを、設定しましょう。

設定場所は次の通り

ワードプレス設定画面 > 一般設定 >WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)

となります。

ワードプレスのサーバー変更はプラグイン【Duplicator】を使えば超簡単! 8

以上、お疲れ様でした。

 

 

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
大森 藤ノ , ヤスダ スズヒト 【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫) 31日間100位以内 出版年月: 2015/6/12 新品: ¥ 788 ポイント:  7pt (1%)

Related Post

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?

Sponsered link

Check Also

ワードプレスで上に戻るボタンをついかするプラグイン

この記事を読むのに必要な時間は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です