Home » SEO対策 » 何を書けばアクセスが集まるのか?

何を書けばアクセスが集まるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アクセスが無ければ記事を書く意味はない!

ホームページで記事を公開するからにはは、より多くの人に見てもらいたいですよね。人に見せないものであれば、インターネットで公開する必要もありません。

あなたがインターネット上に載せる文章を書くのであれば、より多くの人に見てもらうには、どうすればいいかという事も含めた上で、文章を書くべきです。

アクセスが集まる記事の条件は順序がある

アクセスを集めることができるように記事を書くには、いろいろな方法があります。ここで注意したいのが、それらの方法は、しかるべき順序を追ったときに、初めて効力を発揮します。逆に言えば、どんなに優れた技を使おうと、順序を間違えたら、アクセスは集まりません。

「楼閣を砂上に築く」ということわざがあります。どんなに立派なお城でも砂の上に建てたらすぐに崩れてしまいますよ、という意味ですが、これはアクセスを集めるための記事を書く上で、非常に示唆に富む言葉です。

多くの人は、アクセスを集める方法というと、ついつい、SEOのことばかりを考えてしまいますが、そもそもその話題は多くの人が興味を持ってアクセスするものであるのか?多くの人が興味を持つ話題を選んで、はじめてSEOがその力を発揮するのです。

まずはSEOを施さなくても、より多くの人が興味を持つものなのか、それを考えていきましょう。

多くの人が興味を持つことはアクセスが集まる →話題を決める

アクセスを集めるための記事を書くにあたって、まず考えるべきことは、多くの人が興味を持つことを書く話題として選ぶということです。

普通に考えれば当然のことなのですが、意外とこの一番基本的な部分を侮っている人が多いのも事実です。

というのも、多くの人は、自分が興味持っていることは、他の人も興味を持っているだろう、むしろ自分が興味持っていることに興味を持たない人がいるなんてことが考えられない、というのも多いからです。

では、多くの人が興味を持っている話題であるのかどうなのかを、客観的に知るには、どうすればいいのでしょうか?

それは、様々なランキングを利用すると良いでしょう。

すでに書こうとしている話題が決まってしまっている場合は、ランキングなどは役に立たないかもしれません。そういう場合でも、多くの人が興味を持つような話題の観点から記事を書く工夫をすると、より多くのアクセスをあつめることができます。

アクセスの集まりやすいキーワードを選ぶ →内容的SEO対策

書くべき話題を決定したら、タイトルを考えましょう。

多くの人が興味を持つ話題は、他にもその話題について書いている人も多いことでしょう。つまり、ライバルも非常に多いのです。

よって、同じような内容の記事が多いために、その中で、より目立つ必要があります。

インターネット上で、書いた記事を目立たせるには、どうすればいいのでしょうか?

それは、タイトルを工夫することです。

なぜなら、多くの人が読むべき記事を探す際に、参考にしているのが検索エンジンです。その検索エンジンは、まずタイトルを検索順位の参考にしますし、また、検索結果も、タイトルが並ぶために、どの記事を読もうかと考えている人に目につくのは、タイトルです。

よって、タイトルは、より多くの人が興味を持つであろうキーワードを選び、読もうと思わせるような文章にする必要がります。

アクセスを集めるためには、人が検索する際に使うであろう言葉をピックアップして、それらを使って、人が読みたいと思わせるタイトルを作ってください。

検索エンジンに引っかかりやすい構成にする →形式的SEO的対策

書く話題も決定し、キーワードを選んでタイトルを考えたら、そのタイトルに沿った文章を書きます。

つまり、何を書くか、という初めの疑問に立ち返れば、上記で決めた話題を、上記で決めたキーワードで構成したタイトルに沿うようなカタチで書く、ということです。

文章を書くときも、よりアクセスが集まりやすいように書きましょう。

ここで注意したいのが、上記の話題の選び方やキーワード選び方を間違ってしまうと、どんなに素晴らしいSEO対策を施した所で、アクセスは集まりません。

例えば「吉田太郎が今まで面白いと思わなかったこと」という記事を書いたとします。これに、どんな素晴らしいSEO対策を施したとしても、そもそも吉田太郎に興味を持つ人はほとんどいないでしょうから、だれもアクセスしてこないだろうし、アクセスしても読まないであろうことは容易に想像がつくかと思います。

よって、SEO対策を施す前に、まず、みんなが読む話題であるのか?キーワードは適切であるか?を確認しましょう。

さて、アクセスが集まりやすい記事というのには2つの意味があります。

まず、一つは検索結果がより上位に上がるような内容にすることと、もう一つは読む人が最期まで興味を持って読むような文章にするということです。

検索結果がより上に来るようにするためには、検索エンジンがどのような基準で順番を決めているかを知るのがもっとも手っ取り早い方法なのですが、この検索エンジンが順位を決めている方法は、公開されていない上に、また常にその決め方を変更しているといいます。

よって一般の人はほぼ知ることは不可能ではありますが、多くの人の検証によって、ある程度まで検索順位を決定する要素が分かっています。検索順位が決まる際に重要視される要素は次のとおりです。

Sponsered link
  • 画像が適度に含まれていること
  • タイトルのキーワードが適度に使われていること
  • 文章量が適度にあること。
  • 被リンクがあること

より詳しく具体的な方法は次のページで紹介しています。

あと大切なのが、最後まで文章を読んでもらうように書くことです。

最後まで読んでもらうというのは、実はアクセスを集めるためには、非常に大切なことです。というのも、最後まで読むと、そのページを読んでいる時間、滞在時間が長くなります。検索エンジンはこの訪問者の滞在時間も調査していて、滞在時間が長いほど、検索の上位になります。

文章を書く際も、どうしたら、文章を最初から最後まで読んでもらえるか、ということを考えた構成にして記事を書きましょう。

SNSで拡散される記事にする前に考えるべきこと

SNSでの拡散は、検索エンジン向けのSEO対策とはまったく別のものとなります。

では、上記で述べたようなことは、まったく考えなくていいのか、というとそうではありません。

というのも、SEO的にすぐれていなくても、SNSで拡散されることはありますが、逆にSNSで拡散されるようなものであったとしても、それが必ずしもSEO的に優れているとは限らないのです。

つまり、SNSで拡散されるようなものを、SEOを施して、よりアクセスを集めるようにすることはできますが、SEO的に優れたものを、SNSで拡散されるように作り変えるのは難しいのです。

よって、まず基本は、上記で述べてきたような、話題選び、内容的SEO施策、形式的SEO施策を考えて記事を構成するようにしましょう。

Related Post

Total 5 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?

Sponsered link

Check Also

外部サイトの画像を自分のサイトのサーバーに取り込むプラグインでリンク切れを防ごう

この記事を読むのに必要な時間は …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

76 − 69 =