Home » コピーライティング » 【3 of 1 理論】やたら紹介するものが売れるブログにするための記事の書き方とサイトの組み立て方

【3 of 1 理論】やたら紹介するものが売れるブログにするための記事の書き方とサイトの組み立て方

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

記事にどんな情報を埋め込めばいいのか?

yobikomi記事を書くときに、多くの人は何をかけばいいのかわからなくなると思います。

書きたいことがなくて困っている場合は、まだましです。

情報化時代の現代において、今や、インターネットでちょっと検索するだけでも、

すぐにあなたが書こうとしていることに関連する情報を手軽に手に入れることができるからです。

書くことがないときに、あなたがすべきことは、ネットサーフィンです。

一番厄介なのは、書くことがありすぎて書けない時です。

ブログは、原稿用紙と違って、無限に書くことができるので、書きたいことがたくさんあるときは、

どこで区切ればいいのか、なかなか判断に苦しむことになるでしょう。

そのときに、もしあなたが、何かを売るための記事を書こうとしているのであればラッキーです。

その時は今から説明する方法で記事を書けば、あなたも記事でモノを売ることができるようになります。

【3 of 1 理論】とはなにか?

これはモノを確実に売るためのマーケティング理論です。3が意味するものは次の3つ。

  1. ワンマーケット(一つの市場)
  2. ワンメッセージ(一つのメッセージ)
  3. ワンカムアウト(一つの出口)

という意味で、つまり簡単にいえば、欲張るな!ってことですw。

結果を出すためには、極端に言うと、一人に向かって一つのメッセージで一つだけの選択肢を与えろということです。

一つ一つ、詳しく見て行きましょう。

【ワンマーケット】意味のある呼びかけをする

photo_081014ひとが大勢いる所で「おーい」と叫べば、たくさんの人が振り返るかもしれません。

しかし、多くの人が振り返るような呼びかけほど、呼びかけに報じた人は、

その呼びかけが大切なものとは感じません。

下手な政治家の選挙演説は、「ご通行の皆さん」と呼びかける。

しかし上手な政治家の選挙演説の場合、「そこのおじいちゃん、おばあちゃん」と、より特定する。

そうすることによって、たしかに人数は限定されてくるけども、メッセージがより強く伝わるのです。あ

特にインターネット上で記事を書くときに、これは非常に重要です。

なぜなら、インターネットであなたの記事を読む時、記事を読む人は一人。一対一の状態です。

だからこそ、あなたの記事が、今読んでいる人のために書かれたものであるということを、

伝えることで、より、読む人の心に届き、強く響くものとなるのです。




そして、それが最終的に、購入というアクションに結びついていくのです。

今、この記事を読んでいる、そこのあなた!わかりましたか?w

【ワンメッセージ】多くのメッセージは薄くなる、一つのメッセージを濃く

あなたも知らないほうが幸せだった、なんてことがあるかと思います。

たくさん伝えることが、必ずしも、相手のためになるとは限らないのです。

人は多くのことをつたえるよりも、一つのことであっても、その良さを伝えられたほうが、

その人にとっては、とても有益な情報なのです。

よくばって、あれもこれも伝えようとしないでください。

一つだけのメッセージに絞って、それがどうしたら、伝える人のためになるかを考えつつ

メッセージを書くようにしてください。

そうすることで、メッセージをつたえられたひとは、迷いがなくなり

あなたが望むような行動をしてくれるようになります。

そうです、あなたの記事をよんで、購入してくれるのです。

【ワンカムアウト】代わりに考えてあげることで売上につながる

スーパーやドンキホーテなんか行った時に、レジに並んでて、ついついレジの横にあるお菓子なんかを

ついで買いしちゃったことはありませんか?

さすがに、そのついで買いのせいで、本当に買いたいものを買い逃したなんて、

アホなことになったことはないでしょうけどもw

しかし、あなたがインターネットのブログの記事で何かを売ろうとしている時に、

このレジ横のお菓子のようなやり方をしては、絶対にいけません。

インターネットでこれをやると、リアルではアホなことと思うようなことが

現実に起きてしまいます。

現実のお店では、目の前はレジで、他店はお店の外に出ないことには行けないですから、

そこでお客を逃すようなことは無いですが、

インターネットの場合、ワンクリックで、まったく別世界に飛ぶわけです。

例えて言うならば、あなたの周りに、あなたよりも何十倍も魅力的なお店が

ひしめいているのです。

一度、クリックして他のページにいってしまったおきゃくさんは、

せっかくあなたの所で買おうと思って気持ちが高ぶっていたのに、

クリックして他のページに行ったばっかりに、そこですぐにあなたよりも良い店、

あなたよりも安い店、あなたよりも親切なお店をみつけて、

そこで購入してしまうことになりかねません。

Sponsered link

出口は一つ、ワンカムアウトの構造で、文章を組み立てて、

記事を書きましょう。

まとめ

どうですか、記事はお役に立てたでしょうか?

このように、あなたのEコマース、ビジネスに役立つ情報を、メルマガでも発信しています。

よかったら、ぜひ登録してみてください。

 

 

Related Post

Sponsered link

Check Also

ワードプレスでメルマガ簡単実現のプラグイン決定版 MailPoet Newsletters (Wysija)

この記事を読むのに必要な時間は …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です