Home » ビジネス » ワードプレスでyoutube埋込をスマホ対応のレスポンシブを一番簡単に実現してくれるプラグイン

ワードプレスでyoutube埋込をスマホ対応のレスポンシブを一番簡単に実現してくれるプラグイン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スマホに対応していたのに動画だけが記事からはみ出していた

今は、新しいテーマはほとんどがレスポンシブデザイン、いわゆるPC画面からタブレットスマホ、全ての画面の大きさに対応して、見やすく表示するデザインに対応するようになりました。

私もレスポンシブ対応のテーマを使っていたので、全て自動的にスマホ対応画面になっているものだと安心していたのですが、ある日、何気なく自分の管理するサイトをスマホで見ていたら、youtube動画だけが、記事からはみ出ていることに気づきました。

stylecss

これはまずいということで、youtube動画もレスポンシブ対応するための取り組みを開始しました。

 

CSSやHTMLをいじるのはオススメしません

ワードプレスで、youtube をスマホ対応で埋め込む方法はいくつかありますが、一番オススメしないのが、CSSをいじる方法です。

そもそも、ワードプレスを使うメリットというのは、テンプレートやプラグインを簡単に入れ替えるところです。

しかし、あまりCSSをいじってしまうと、いざテーマを変えようとしたときに、CSSをまたはじめから新しいテーマに合うように書き換えなければならなくなるからです。

また、HTMLで埋め込むのも、オススメしません。なぜなら、HTMLコードを増やしてしまうと、記事数が増えてきた時に、一括で修正する必要が生じた時に、一括自動処理が非常に困難になるからです。

そこで、ビズニュースインフォでは、極力プラグインで対応する方法を推奨しています。

数あるyoutube埋込プラグインからなぜこのプラグインを選んだか?

上記のような理由から、youtubeを埋め込んで、スマホでも上手にみえるためのプラグインを探しました。

高度な設定ができるものや、いろいろな動画サイトの形式に他の動画サイトの形式に対応するものまで、いろいろとありました。

しかし、ビジネスニュースインフォでは、

1,動画はyoutubeだけに対応していればいい
2,CSSはもちろん、HTMLの記載が必要ないもの
3,極力、手順が単純なもの

の条件でさがしました。

いくつかありましたが、埋め込む際の手順が一番簡単なプラグインで、かつ信頼性が高いのは、

youtubeplus

というプラグインでした。

これがなぜ良かったのか?

1、記事中にURLを貼り付けるだけでいい

からでした。

サイズの指定もいらない。余計なCSSやHTMLコードを記載する必要ない。編集画面で専用パーツを使う必要もない。

ただ単に、URLをはりつけるだけで、PC用の画面から、スマホ用の画面まで、自由自在に対応してくれます。

スマホ対応で困っていた人は、ぜひ、試してみてください。

Sponsered link

Related Post

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?

Sponsered link

Check Also

ワードプレスで上に戻るボタンをついかするプラグイン

この記事を読むのに必要な時間は …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 3 =