シェア

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

■【限定公開】今から紹介するテクニックは危険なので近日中に削除します

L3553290001534754削除しますというのをみて、あなたは削除される前に「どんなテクニックなのかすぐに確認したい!」
と思ったはずです。

「確認したい」と思わせることは、つまり私があなたの行動を促したわけです。

もし削除しますと書かずに、ただ「売上をあげるためのライティングテクニック」
と書いただけでは、売上やライティングに興味なければ、先を読もうと
しないでしょうし、理屈っぽいタイトルを見て、
続きを読もうとする気力をなくしてしまう人がいるかもしれません。

ところが、

”【限定公開】今から紹介するテクニックは危険なので近日中に削除します”

と書くと、売上だろうがライティングだろうが、そんなのに興味ない人でも
ついつい、それが何かを確認しようとしてしまう人がいるはずです。

■人は緊急性、危険性、限定生に関係した言葉を見ると無意識に行動を起こす

なぜあなたは、「確認したい」と思ったのでしょう?
それは、このフレーズが、あなたを急かせるような言葉だったからです。

いったい、何のために急かしているのか、わからなくても、
「急いで!」「危ない!」「限定!」という言葉を見ると、
本能的に急いで、そして行動に移ってしまうのは、
人間の本能に根ざした条件反射なのです。

■売上に結びつける効果的な急かせ方

急かせワードを見ると、人は無意識に急いで、
それを行動に移します。

それは反射的な行動に過ぎないので、
あっという間に、我に返って反射的行動を改めて、
理性的な行動をするようになります。

いうなれば、一瞬だけ一度だけ、魔法にかけることができのが、この急かせワードなのです。
急かせワードは、理性が戻ってくる前が勝負です。

急かせワードという魔法にかかっている間に、購入という行動を起こさせるような
タイミングでこうした言葉を使うと、売上に結びつけることができます。

文章の中で、何度も急かせては、急かせの効果はなくなってしまいます。
何度も急かされると、急かされた人は、あなたのいうことを信じなくなるし、
きかなくなります。

急かせる言葉は、購入ボタンのすぐ前に配置するように文章を組み立てると、
売上に結びつく購入の行動を、消費者に促すことができるのです。

■まとめ 一度だけ、購入の直前に使用しよう

消費者に行動を促す文章の型に、PASONAやAIDMAなどがあります。

PASONAは
P = Problem 問題点提示
A = Agitation 問題点をあおる
So = Solve 解決策の提示
N = Nallow down 緊急性を出す
A = Action 行動を促す

AIDMAは
A =Attention 注意喚起する
I = Interest 興味喚起する
D = Desire  欲求喚起する
M = Memory 記憶する
A = Action 行動する

Sponsered link

といった、文章の型があります。他にも類似の型がいろいろありますが、
どれにも共通しているのが、最後に、消費者に行動を促して
購入に至らせるということを目的にしていることです。

こうした型の中で、効果的に消費者に購入という行動を促せるには、
最後の、行動の直前で、急かせワードを使用するのです。

文章を読ませようと、はじめから急かせワードを使用すると、
消費者は文章を読んだとしても、肝心の購入直前に
あなたの言葉を信じなくなってしまっていて、
せっかくのセールスレターも無駄骨になってしまいます。

急かせワードは、一度だけ、購入直前に使用するようにしましょう。

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?

Sponsered link

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here