Home » セールス » 売上につなげるアフターサービスのコツ「一番の見込み客は買ってくれた人」

売上につなげるアフターサービスのコツ「一番の見込み客は買ってくれた人」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

売上を上げる鉄則

売上を上げる人は、買ってくれる人に売ることです。

そんなのは当たり前すぎて、バカバカしく思うかもしれませんが、

あまりにも、売ろう売ろうとシャカリキになっていると、意外とその部分を疎かにしているものです。

よくあるパターン

買ってくれる人(興味を持っている人)ではなく、ただ単に気が弱いからあなたのはなしを聞いてくれるような人を、買ってくれる人と勘違いして、延々と説得しようとする。

あなたのはなしを聞いてくれるから、あなたに興味を持ってくれるから、といって必ずしも、あなたから何かを購入しようと考えているわけではありません。

まずは、売ろうとしている人が、本当に売ろうとしているものに、興味を持っているのか、買おうとしているのか、そこを見極めた上で、セールスを展開しましょう。

買ってくれる人は誰か?

買ってくれる人があらかじめわかってれば、苦労はしません。まったくのゼロから買ってくれる人を見つけるのは、至難の業でしょう。買ってくれる人をなかなか見つけるのはむずかいいものです。

でも、買ってくれた人なら、簡単に見つけることができるのではないでしょうか?

もし、あなたにまだ、買ってくれた人がいなかったとしても、「私には関係ない話だ」と思わないでください。

今後、セールスを展開する上で、興味を持ってくれた人、買ってくれた人に再び買ってもらえるような売り方を工夫しましょう。

売上を上げるには売れる人に売る

売上を上げるのは、何にも難しいことではないんですね。
なぜなら、買う人も、難しいことを考えて買っているわけではありません。

欲しいから買う > 欲しい人に売る = 欲しい人が買う

これが、売上を上げる鉄則です。

あなたは決して売ろうと考えてはいけません。

売ろうと考えた時点で、買おうとしている顧客の考え方からズレていってしまうのです。

売るときには、つねに買おうとしている人の側に立って、買おうとしている人がどう考えるかを、意識することで、いとも簡単に買ってもらえるようになります。

買ってくれる人は、買いたいから買ってくれるのです。

買いたい人に、売ろうとするのではなく、買いたい人に買ってもらえるように仕向ける、

それが、上手な売り方です。

買いたい人に買ってもらうように仕向けるには、売ろうとするときに、買おうとしている人の側に立って

買おうとしている人がどう考えるかを意識するのです。

これを理解した上で、販売後のサポート、アフターサービスをしていくことで、買ってくれた人に、また買ってもらえるようになります。

アフターサービス、買った後のフォローを見直そう

pic_index02
きれいなお姉さんがフォローしてくれれば、買ってくれたおじさんは嬉しいものです。これも、購入者の立場に立ったアフターフォローと言えます。

売ったらおしまい、と考えているようでしたら、チャンスです。

あなたは、今まで大事な販売のチャンスを逃してきていたからです。

アフターサービス、アフターフォロー、どこもやっていることだからということで、あなたも半自動的にやっているかもしれませんね。

Sponsered link

でも、一度購入してくれたということは、あなたの商品に興味を持ってくれた人。

つまり、一番身近で確実な見込み客なわけです。

買ってくれた人に、再び買ってもらうには、その人に、売ろうとしてはいけません。

買った人が、どうしたら喜んでくれるか?を考えた上で、アフターサービス、アフターフォローをしましょう。

買ってくれた人を見込み客にするアフターサービスの実例

購入した時に、次回購入のためのクーポンを渡したすのが、一番、ポピュラーな方法ですが、他にも、おまけをあげたり、オプションを紹介したりと、あなたのサービスに応じて、いくらでもサービスはあります。

そこで大切なのは、なんの考えも無しに、次回購入につながらないようなアフターサービスをしてしまうことです。

購入者の興味に外れたアフターサービスは、ただの迷惑行為になりかねません。

かならず、購入者の側に立って、購入者が、何をされたら喜ぶか、を意識した上で、アフターサービスを組み立てましょう。

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?

Sponsered link

Check Also

自分に集中力がないのは病気が原因?と思う前にするべきこと 1

自分に集中力がないのは病気が原因?と思う前にするべきこと

この記事を読むのに必要な時間は …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

61 − 60 =